仕事・ビジネスに役立つ漫画キングダムに学ぶマネジメントとキャリア形成

キングダム

前回の記事「大人気漫画キングダムから学ぶ経営戦略・リーダーシップ・マネジメント」に引き続き、人気漫画キングダムの名言や名場面からマネジメントとキャリア形成の考え方に役立つものを解説も合わせてご紹介していきます。実際の仕事、ビジネスの場面でもヒントになるかもしれません。

チーム・組織マネジメント編

組織が大きくなる程マネジメント力が組織力を左右する

長き戦乱で軍の規模は増大し、今では数十万の戦い。しかし、軍が大きくなればなるほど、それを率いる将軍の才能と力が戦を左右する。結局、戦は武将のものです。

キングダム(7巻)

秦国六大将軍の一人、王騎(おうき)将軍が秦軍と魏軍の戦いを見ながら言った台詞。

スタートアップ企業や小さなプロジェクトのように少人数の時は、メンバー個々人のスキルなどが高ければ仕事もうまく回るかもしれませんが、会社の規模が大きくなったり、プロジェクトメンバーが増えると、マネージャーの力量によって組織の力を十分に引き出せたり、逆に組織がまとまらなくなるということを示唆しています。

マネジメント層への権限委譲

当時の秦国は常に他国に侵攻し、数国と同時に戦っていた。戦場は咸陽から遠い。だから昭王は六人の将軍にある権限を与えた。それは戦争の自由だ。刻一刻と変化する調整、戦況に対し六人の将軍は独断で戦いを展開することを許された。他国からすれば独自の意思で暴れまわる六匹の龍が野に放たれたような心地だったという。昭王と六大将軍は揺るぎない鉄の忠誠心で繋がれていた。だから昭王は六大将軍という制度を作れた。

キングダム(11巻)

秦国王の政(せい)が六大将軍の制度について解説した時の台詞。

会社が大きくなると、社長が日々のオペレーションを全て把握して、的確な指示を出すことは不可能になります。そこで有効な策が能力のあるマネジメント層に現場の指揮権を与えて、日々のオペレーションを全て任せてしまうことです。しかし、漫画の中でも”揺るぎない鉄の忠誠心で繋がれていた”と表現されているように、社長とマネジメント層の間でしっかりした信頼関係と会社の目指すべき方向性やビジョンの共有がないと組織が分解してしまう可能性もあるので、放任とは違うことを意識した方が良いかもしれません。

マネジメント_1

トップマネージャーになることの責任と栄誉

将軍とは100人将や1000人将などと同じく役職、階級の名称に過ぎません。しかし、そこに辿り着ける人間はほんの一握り、数多の死地を越え、数多の功を挙げた者だけが達せられる場所です。結果、将軍が手にするのは千、万の人間の命を束ね戦う責任と絶大な栄誉。ゆえにその存在は重く、ゆえに眩いほど光り輝く。

キングダム(16巻)

王騎将軍が龐煖(ほうけん)将軍と死闘の一騎打ちを繰り広げ、致命傷を負いながらも龐煖を追い込む時に言う台詞。

会社やプロジェクトでもトップマネージャーになるには、数多くの苦難を乗り越え、実績や信頼を挙げないとなかなかなれるものではありません。そして、組織を束ねる権限を持つということは、その分、背負う責任も大きくなります。しかし、王騎将軍の言葉を借りると、それゆえにトップマネージャーの存在感は大きく、選任されるのは栄誉あることと言えます。

限られたリソースの中で目標を達成する

昌文君(しょうぶんくん): もはや我々にはある中で何とか戦うしか道はないのだ。
河了貂 (かりょうてん): 戦術とかなんかの前に大前提として皆の”戦意”がないと絶対に戦いにならない。
政(せい): 全員を兵士と化すのが俺の役目だ!

キングダム(31巻)

合従軍(秦国以外の国が一時的に結託して秦国へ侵攻してきた軍)が、兵士が少なく、老人、子供、女性の多い秦国の蕞(さい)の城を攻めてきた時の戦略会議でのやり取り。

スタートアップ企業やプロジェクトでもリソースを湯水のごとく使えることは、なかなかないと思います。限られたリソースの中で最大限のパフォーマンスをあげるのもマネジメントの腕の見せ所です。また、戦略云々の前にチームメンバーのモチベーションを上げることがマネージャーの役割とも言えます。

マネージャーの苦悩

たきつけて万の死者を出させた張本人としては、やはり胸の奥に突き刺さるものがある

キングダム(33巻)

蕞(さい)の攻城戦に勝利したものの、多くの民衆に闘志を持たせて死なせてしまったことを悔やむ政の一言。

中華統一するために多くの犠牲を出すことも厭わないと強い信念を持った後の始皇帝 政でさえも、多くの犠牲者を目の当たりにすると、やはり心が痛むという場面です。マネージャーも目標を達成するためであってもメンバーに無理を強いたり、反感を買ったりすると、自分のやっていることが本当に正しいことなのか、達成したいことなのか迷いが出てきてしまうことを表現しているようにも感じられます。

マネジメント_2

キャリア形成編