有名歴史マンガ「キングダム」で学ぶ人材育成とプロフェッショナルコミット力

キングダム

全3回にわたって見てきました会社や仕事の現場で役立つ大人気漫画のキングダム名言・名場面シリーズですが、今回が最終回になります。最終回の今回は働き手不足の市場において、重要な経営課題の一つである人材育成、プロフェッショナル人材を目指すなら持っておきたいコミット力についてご紹介します。

過去記事1:「大人気漫画キングダムから学ぶ経営戦略・リーダーシップ・マネジメント

過去記事2:「仕事・ビジネスに役立つ漫画キングダムに学ぶマネジメントとキャリア形成

人材育成編

若手にも経営者やトップマネジメント層からの視点を見せてみる

王騎(おうき)将軍: あなたは今、将軍の馬に乗って走っているのです。理解したらゆっくり目を開き、目にするものをよーく見てみなさい。敵の軍を、敵の顔を、そして味方の顔、天を、地を。これが将軍の見る景色です。どうですか?

信(しん): どうって言われても。。

王騎将軍: よく分かりませんか?

信: いや、少しは何か分かった気がする。今の一瞬で全身に力が漲った。

キングダム(16巻)

趙の龐煖(ほうけん)将軍との一騎打ちで致命傷を負った王騎将軍を生きて戦場から逃そうとして、信が王騎将軍を支えながら馬に乗っている時の会話。

マッキンゼーの経営コンサルタントと日本支社長を経て、国内MBAスクールのビジネスブレークスルー大学学長を務める大前研一氏も若いうちから経営者やトップマネジメント層と同じ目線で事業を考えられる重要性を説いていますが、若手にも経営者と同じ仕事を任せたり、一緒に仕事を進めるチャンスを与えることで若手もイメージしやすくなるので、経営者人材の育成に良いかもしれません。

育成のためには修羅場をチームで乗り越えさせろ

大将軍の私に教わろうなんて虫が良過ぎますよ。そういうことは自分で戦場を駆け回って学びなさい。馬鹿者。皆と共に修羅場をくぐりなさい。素質はありますよ、信。

キングダム(16巻)

王騎将軍が亡くなる直前に信へ掛けた最後の言葉。

私はこの著雍は呉鳳明と私の対決の場とは見ていない。私はこれから秦軍の武威の一角を担うべき若き才能達が傑物 呉鳳明に挑み、その力と名を中華に響かせる戦いだととらえている。確信はない。だから示してみよと言っているのだ。まずはこの戦で。

キングダム(36巻)

秦国の将軍 騰(とう)が若い武将の信と王賁(おうほん)に作戦を任せた真意を語っているセリフ。

仕事や職場で大きく成長するためには、やはり大きな仕事や修羅場を経験して、何とかやり切ることが一番効果的であることを示唆しています。しかし同時に、一人では乗り越えられない修羅場でも、チームメンバーと一緒であれば乗り越えられることをアドバイスしているようにも思えますね。

人材育成編_1

若手は身近にいるロールモデルの行動を真似るべし

血気盛んな若き将軍 劇辛(げきしん)は燕に来た時から目の前に立ちはだかるこの大きな壁(大将軍の楽毅(がくき)のこと)を超えてやろうと目論んでいた。ではどうやって超える…。 劇辛は楽毅の戦場を可能な限り追って行きその全ての記録をとった。全身全霊をかけて楽毅の戦を盗もうとしたのである。

キングダム(24巻)

なりふり構わない野心家であった劇辛将軍がどのようにして、のし上がってきたか解説したもの。

まだ仕事や業務をどのようにして上手く進めれば良いか分からない若手社員は、身近にいるデキる上司や先輩がどのようにして仕事を進めているか、どのように課題を見つけて考えているか、良い点を盗んで真似てみると良いと思います。もし身近にそういう人がいない場合は、書籍やインターネット記事で成功してきた人の習慣ややってきた事を見てみると参考になるでしょう。

中途採用だけでなく社内の人材育成の仕組みづくりが必要不可欠

秦軍の今ある力だけでこの合従軍をはねのけるのは至難の業じゃ。成すためには”中”からの新しい力の台頭が不可欠じゃろう。

キングダム(26巻)

秦軍が合従軍(秦国以外の国が一時的に結託して秦国へ侵攻してきた軍)からの攻撃によって苦しい状況の時に麃公(ひょうこう)将軍が言ったセリフ。

会社の大きなゴールを目指すためには、外部から中途人材を採用するだけでは足りず、中にいる社員(特に若手社員)を成長させる仕組みが必要不可欠という教訓として考えられます。

大きい実践経験が人材を急成長させる

大戦は人の成長を強力に促す

キングダム(26巻)

趙の軍略家 李牧(りぼく)が人の成長について語った一言。

信は本当に物凄い道を走り続けてここまで来てるよ。だから、あいつはあんなに強いんだ。

キングダム(31巻)

河了貂 (かりょうてん)が、なぜ信が急成長できているかを語った言葉。

王騎将軍がアドバイスしていることにも似ていますが、どちらの台詞も人が急成長を遂げるためには大きな実践経験が必要であることを語っています。逆に考えると急成長したい人は失敗に終わっても良いので、自ら大きい仕事や業務を買って出た方が良いということでしょう。

人材育成編_2

ライバル同士切磋琢磨することで成長が加速する

そして今、英雄を目指す若者二人に英雄になれなかった老人からの金言じゃ。蒙恬と信と王賁、三人で一緒に高みへ登れ。手を取り合う必要はない。時に対立するのも結構。ただ三人が意識しあい、共に登ってゆけば、その関係は必ず大きな力を生む。六将達がそうであったようにそういう戦友の形もあると思うぞ。

キングダム(34巻)

蒙驁(もうごう)将軍が亡くなる直前に信と蒙恬(もうてん)にアドバイスした言葉。

社内メンバー同士でもライバル意識を持たせ、お互い切磋琢磨することで会社全体のレベルが底上げされるのも人材育成の一つの方法であることを説いているようです。少し話が逸れますが、これは市場においても同じで、競合同士がお互いしのぎを削り、サービスや商品の品質や価格を改善していくことで市場全体が活性化し、成長していきます。具体例として、液晶テレビとプラズマテレビが市場に出てきた当初は二つの製品ともに長所・短所がありましたが、競合の多かった液晶テレビはどんどん改善されていく一方で、プラズマテレビは競合がすぐに少なくなったため、なかなか改善が進まず、結果的に液晶テレビ市場は成長し、プラズマテレビ市場は衰退していくことになりました。

”型”でも繰り返し訓練すれば実戦で通用する

理論で作られた”型”を実践に移すには真に並々ならぬ日々の修練の積算がいる。しかもあの紫伯(しはく)を相手に…だが王賁(おうほん)様はそれを実現させるのだ。今、身を結ぼうと…これまでのあの修練の日々…たゆまぬ努力の積算で今…

キングダム(37巻)

秦国の槍使い王賁が魏国最強の槍使い紫伯を一騎打ちで倒す時に、王賁の強さの源を側近が解説したセリフ。

これまで実際の現場で経験していくことが一番人材育成に効果的であるという記載が多くありましたが、実務でなくてもケーススタディなどでロジカルシンキングの”型”に沿って自分なりの解を導き出す訓練を繰り返していると、いざ現場である課題に遭遇しても解決策を見出しやすいということだと考えられます。

プロフェッショナルなコミット力編_ボタン