データで見るVTuber(バーチャルYouTuber)市場・業界動向レポート

CAヤングラボ(サイバーエージェント子会社)の調査によると、日本国内のYouTuber(ユーチューバー)の市場規模は2017年に219億円となり、’16年の2.2倍となったと発表されました。今後もYouTuber市場は拡大していくと考えられますが、その中でも’17年末頃から特に注目を集めているのが、「VTuber(バーチャルYouTuber)」の存在です。

各企業が従来のYouTuberに続き、VTuberに期待を寄せ始めており、2018年がVTuber元年となりそうです。今回はVTuberの市場データを踏まえて動向を見ていきます。

2018年前半からVTuberが本格的に注目を集める

Googleトレンドで「VTuber」の検索ボリューム数の推移を見ると、’17年末から’18年5月にかけて急増しているのが分かります。

初のバーチャルYouTuberを自称する「キズナアイ」のA.I.ChannelのYouTuberチャンネル登録数が’17年12月に100万人に到達し、他のバーチャルYouTuberも続々と登場してきたことをきっかけにして、VTuberの認知度が高まってきたと推察されます。

また、日本政府観光局(JNTO)ニューヨーク事務所が、キズナアイを訪日促進アンバサダーに起用することを発表したことで、業界関係者やファン以外の人にもバーチャルYouTuberの存在が認知され始めました。さらに、2018年4月にグリーがバーチャルYouTuber事業へ100億円規模の投資を行うと発表したり、キズナアイがBS日テレでテレビ初登場(番組名:キズナアイのBEATスクランブル)したりして、様々な分野でVTuberの知名度が上がってきました。

グリー、サイバーエージェント、ドワンゴもVTuber市場へ参入

グリーは、今年4月にVTuber(バーチャルYouTuber)事業へ100億円規模の投資を発表し、このうち約40億円を投資プロジェクト「VTuberファンド」で活用することも明らかにしています。

サイバーエージェントは、子会社のCAヤングラボが今年3月から、バーチャルYouTuberの動画を配信し、企業の宣伝をするタイアップ広告サービス「バーチャルクリップ」の提供を開始しました。また、バーチャルYouTuberなどのマネジメント事業に特化したCyberVを設立しました。

ドワンゴは、VTuberをパーソナリティとして登場させて、公開番組を放送するシステムを開発したと発表しています。

また、IT業界以外にもロート製薬がバーチャルYouTuber社員を起用して、企業プロモーションに活用すると発表しており、様々な分野でバーチャルYouTuberの展開が期待されています。そして、ベンチャー企業のカバー株式会社は、今年6月にグリーベンチャーズ、みずほキャピタルなどから総額約2億円を調達し、ホロライブのアプリ(スマホやPCを使い、アニメキャラクターになりきり動画配信できる)開発やVTuberプロダクション事業を展開していくことを明らかにしました。

VTuberチャンネル数の推移

User Local(ユーザーローカル)の調査によると、’18年2月にはVTuberのチャンネル数は500人だったのが、わずか3ヶ月で6倍の3000人にまで増加しています。ホロライブのようなバーチャルYouTuber動画配信サービスの普及によって、今後も配信者数は増えていくと考えられます。

VTuberのチャンネル登録数推移

VTuberランキング トップ50の合計チャンネル登録数(ファン数)の推移を見ると、’16年12月から’17年12月までは緩やかに増加してましたが、昨年12月から今年6月にかけて急増していることが分かります。

’17年12月時点では、チャンネル登録数が164万人だったのが、’18年6月には5倍以上の825万人になっています。また、ユーザーローカル社のSNS分析ツールSocial Insightでの集計では、全VTuberの合計チャンネル登録数が5月時点でのべ1089万人に達していると報告されています。

VTuberの動画総再生回数の推移

チャンネル登録数(ファン数)の推移と同様に、バーチャルYouTuberランキング トップ50の動画総再生回数の推移も’17年12月から’18年6月にかけて大きく増加しており、昨年12月は2億4900万回、今年6月は6億4000万回にまで伸びています。

ユーザーローカル社のレポートによると、全バーチャルYouTuberの動画総再生回数は、今年5月に6億9000万回にものぼると報告されています。

年代別・男女別のバーチャルYouTuber認知度

年代別・男女別のバーチャルYouTuberの認知度調査によると、10代男性が60%と最も高い結果になっています。若い世代の方が認知度が高い傾向にあり、同世代の男女比較では男性の方が知っている割合が高くなっています。

今後、若い男性を中心にバーチャルYouTuberが広まっていく流れになりそうです。